宅配サービスで物流と産業の活性化

>

物流の革新で便利に

解決策

再配達解消の為に宅配ボックス利用、駅・コンビニ・集荷場引き取りは随分浸透してきました。種類に寄っては引き取り場所指定ができない場合もあります。都市部では宅配の委託業者が単発で配達をしているのをみかけるようになりました。地方ではまだ浸透してないので広がっていくと人手不足解消にいいですよね。
新しい取り組みとして重さ・配達地域限定されますがドローンを使った宅配を始めた所もあります。重量・墜落・盗難・飛行区域などまだ改善点があります。
消費者側も注文する時、なるべく日時指定できる商品はして、受け取りできるようにする・繁忙期の年末年始・お中元・お歳暮などはそれを見据えて注文をする事も配達する側と受け取り側の不満解消にもなります。

ICTで自動化

最近、テレビCMでICTと聞いた事がないでしょうか。ICTは情報通信技術でコンピューターを使った情報処理・通信技術です。情報技術のITにコミュニケーションの要素を含めた物です。インターネットの通信技術を利用した産業・サービスです。ITよりも通信のコミュニケーションに重点をおいてます。ネットワーク通信による情報・知識を共有します。
情報伝達を重視する事は宅配サービスにも応用できます。ドライバーの運転を学習して、ドライバーの代わりに無人宅配できれば人手不足解消の一つとなります。受け取り側も事前に受け取り場所を指定して配達通知がくればいつ届くか分からないと言う不安解消ができます。
宅配サービスは有人配達と無人配達のメリット・デメリットのリサーチをしっかりして実用化できるといいですね。


TOPへ戻る